スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東方緋想天活劇録 3 

最初は勝てるけど時が経つにつれてあっさり追い抜かれていくという、
毎度おなじみの時期が過ぎて置いてけぼり食らってる状態です |||orz
ぼちぼちやってはいるものの、なかなか上手く行かない感じ。
攻め手に欠ける気がするんだけどどうしたら良いのかねぇ・・・・。
今度VIPで干してアドバイスもらってみようかな?

とりあえず文使っててリプ見つつ気付いた点でも。
以下は粗製である俺の考えに基づくので、
正確さにおいては保証できるものではない事を先に述べておく。


文はとにかく射撃を如何に捌くかが鍵になってくる。
弾幕張ってもたいしたものではないので、あっさり押し切られるからだ。
なので射撃→Jcという行動がくるだけで、行動制限される割合がでかい。
格闘でもリーチが短いのでリーチの差で負けることも多い。
ではどうするかということだが、逃げるの一言に尽きる。
不利な状況でガードすらしないように逃げる。
切り返しが弱いので、固められるとそのままガードを割られる事も少なくない。
なのでグレイズしつつ格闘を回避する、そして仕切りなおす。
かといってこればかりではジリ貧なので、相手にも行動を制限させる必要がある。
基本的にはこちらも射撃を出すだけである。
これによって相手の行動はグレイズするかガードするか回避するかになる。
距離にもよるが、基本的に射撃が出てる間は攻撃を制限できる。
そこに格闘を当てに行くのが基本行動となるだろう。
ただ、文は崩しが弱いのでそう簡単にダメージを与える事は出来ないだろう。
だがその分コンボは入れやすく、ワンチャンスでしっかり取れることが多いので、
コンボ精度はしっかり磨く必要がある。
ただ、攻めるのはいいが下手に崩しに行って返り討ちにあうぐらいなら、
適度に引いて仕切りなおす方がいいだろうか。

攻めは上記を基本とするとして、次に守りをどうするか。
個人的には鴉がなかなかいいのではないかと思う。
Bで自分の上に、Cで相手の上に展開するのだが、
この鴉も射撃扱いなのでグレイズ可能、また潰されることもある。
とはいえ、1回呼べば6匹出るので文の中では弾数の多い射撃攻撃となる。
これを盾にするだけでも結構違うんじゃないかなぁ、と。
攻めるときも起き攻めや端での固めなどに鴉を出しておけば、
相手の行動制限率は大きいものとなるはず。
なお、出してすぐ全て出てくるわけではないので、
途中で潰されると出てくる鴉の数が減る事に注意。
ただ、出せば潰されても必ず鴉が出るので、他のように途中で消えることはない。

次に端で固められたらどうするか。
安定なのは霊撃、次点で回避結界、最後に自力(暴れ・切れ目でHJ等)となる。
こうなると文としてはきついので出来るだけ回避すること。

最後にカードについて。
スペルカードで主に使いやすいのは天狗道や猿田彦や天孫降臨。
天狗道や猿田彦はコンボに、天孫降臨は無敵を利用して割り込みに使える。
なお、猿田彦は空中でも使えるので仕様用途が非常に多い。
ちょっとした射撃の隙や疾走をガード後に射撃で取りに来る相手は、
見てから発動で簡単に取れるのも大きい。
グレイズつきで発生も突進も速いと非常に優秀なので、このスペカは必須。
天狗道はクラッシュコンボに使いやすい。
ガードすると霊力を2も削れるので留意しておく事。
両者はコンボに組み込みやすくもあるので、
少ないチャンスしかない文はここでしっかり稼いでおくのもいいかもしれない。
なお、紅葉扇風はコンボぐらいにしか使い道がないが、
威力はそこそこあるので入れておくのもいいだろう。
スキルカードではコンボに使うことの多い疾風と疾走がいいだろうか。
影響は微々たるものだが効果は永続するので使って損はないはず。


ざっとこんなところだろうか。
分析に関しては非常に苦手な為、腐った内容を書いてるのかもしれないが、
気付いた事をメモして実行、後に追記などで修正してさらに実行、
この繰り返しで実用的な立ち回りに近づけるんじゃないかな?
まあ何はともあれ行動しないと結果は伴わない、
防御行動中心に立ち回ってみることにします。

・・・・・・・・・相変わらずなげぇな(-w-;
[ 2008/05/08 02:13 ] 東方 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darateki.blog43.fc2.com/tb.php/180-6f0a5229


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。