スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いつものように 

巡回コースを回っていた時に見つけた言葉なんですが、

仕事や勉強は、テンションが下がっていたり、やる気がないときでも休憩せず、
そのやる気に合せてレベルを下げて続けるといい


という言葉。
俺も何かやってるときはノルマを設定してそれをやり続ける感じなんですが、
どうしてもきつくなってきたりするもんなんですよね。
そして最終的にやめてしまう・・・・そういうことが多いんですごく印象に残りました。
つまりは作業量の大小にかかわらず続ける事が大事ということですが、
いわゆる「継続は力なり」ですが、とても難しいことだと思います。
常に一定量以上をこなさねばならないのだと思っていましたが、
そういうわけではないようで、こなすのであれば量は気にしなくてもいいとの事。
そう考えると作業をこなすのも結構気が楽になるものです。
なんだかんだでサボっている事が多いので、
これを機に少しずつ再開していくのもいいかもしれません。
[ 2009/07/21 22:04 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

物事を続けるのって簡単の様で難しいですよね。
量は気にしなくてもいいと考えると確かに
気が楽になって作業を続けるられそうですね~
[ 2009/07/24 14:40 ] [ 編集 ]

大抵の人は好きな事を長く続けられるものですが、
俺の場合は好きな事であっても長く続ける事が出来ない場合が多く、
そのあたりが色々な事に影響を及ぼしてたりします。
例えば、自分の好きな事=仕事という方向性は誰もが持つと思います。
そして、本当に好きならその道が困難であっても乗り越えていく人が大半だと思います。
俺にはそんなことですら続ける事が出来なかった。
仕事ではなく趣味としても続ける事が出来なかった。
単に根気がないのか、それとも好きではなかったのか。
いずれにせよ、俺にはそういう何かを長く続ける事が非常に苦手です。
そんな俺にとっては目から鱗が出るようなこの言葉。
何事に対しても多少楽に相対できるような、
少し気が楽になった気がします。
[ 2009/07/24 19:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darateki.blog43.fc2.com/tb.php/298-d01a3fbb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。