スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンクス活動記録 69 

いつもどおりにランク戦に行って、
いつもどおりにガン引きと戦って、
いつもどおりに虚しさばかりが募る。

そんなわけで今回は愚痴というか願望というか、
読んでもあまり面白みのない記事なのでご注意を。
ついでに相変わらず長文です・・・・|||orz


・・・・今思えば、いつからこれほどにガン引きしかしないプレイヤーが増えたのだろうか?
かつてのプレイヤーは、多くの対戦動画を見てその領域を目指す人たちが多かったはずだ。
有名プレイヤーの対戦動画はその卓越した技術によって魅せる闘いを繰り広げ、
我々視聴者はその動画に感銘を受けてアセンや動きを真似してみたり、
動画を参考にして自分なりに咀嚼した形で取り込み、更なる高みへと臨んだ。
だが、勝利を追い求めるプレイヤーは高度な技術よりも簡単な戦術へと傾倒していった。
レギュレーションの影響もあってそれは加速度的に進み、
そして有名プレイヤーもその在り方に嫌気が差して戦場から消えていった。
昔からのプレイヤーはガン引きという戦術の虚しさを知っている。
お互いの技術力をぶつけ合い、高度な駆け引きによって作られる戦場が、
どれ程心踊り、緊張感と興奮に満ち溢れた闘いであるか知っているからだ。
ガン引きが蔓延した今になって参戦したプレイヤーはその戦場の在り方を知らないのだろう。
彼らの在り方には技術も駆け引きもなく、ただの作業でしかない。

彼らをそうさせたのはレギュレーションの影響もあるのだが、
やはり勝利する事だけを求めたランク上位のプレイヤーの影響も大きいと思う。
引きを前提にした戦術によって安定した勝利を掴み続けるその作業によって、
それを模倣するプレイヤーもまた、勝つために引きを前提にした戦術へと傾倒する。
対戦回数こそそれほど多いわけではないが、俺もずっとプレイしてきた。
だが、やはり一部の有名プレイヤー以外は引いて戦おうとしかしないのが現状だ。
ひたすらに攻めてくるプレイヤーなんてもうずっと見ていない。
技術的に未熟であっても攻めるスタイルを続けるプレイヤーはやはり好感が持てる。
極稀にそういうプレイヤーはいるのだが、彼らもいずれ引きに傾倒するのかと思うと残念だ。

タンクや重2がそういう戦術を取るのはまだわかる、そういうアセンなのだから。
だが、軽2や中2は本来そういう戦術を取るためのアセンではない。
中2はバランス型であるが故に攻めも引きも両立できる。
軽2はそのスピードを活かした攻めるスタイルが本来のものだ。
だが、最初から攻めを無視した中2や軽2が多いのが現状だ。
そんな彼らは愚かにもタンクや重2相手にすら引いていく、サテライトし続ける。
それでは勝てないことを理解できないでもないだろうに・・・・。

ランク戦において、勝利を求める姿勢に間違いはないが、
その姿勢が戦場をただひたすらに壊死させている事に気づくのは一体いつなんだろうか?
多くのプレイヤーが引くことが有利だというのを知っていて、
だからこそレギュレーションへの意見として引きの弱体化を願ったというのに、
結局残ったのは攻めることを諦めた引き続けるプレイヤー達だ。
そんな闘いに緊張感や興奮、何よりも戦う事の楽しさがあるのだろうか?
少なくとも俺はそんなものは微塵も感じない、作業につきあうという虚しさだけだ。
はっきり言ってCPUの方がまだ面白い動きをしてくれて楽しいぐらいだと思う。

今のプレイヤーも対戦動画は見てるとは思うんだけど、
そこで大体コメントで引きに対する非難の声があるのは知ってると思う。
引きが嫌われてるという認識はあるはずだと思う。
だからこそ過去の有名プレイヤーの動画を見て欲しいと思う。
レギュレーションこそ違うものの、そこには今の戦場にはないものがあるから。
そういうのを見て攻めることの楽しさっていうものを知って欲しい。

まあつらつらと書いてるけどそれも望みは薄いんだろうな、と。
あまりにも引きが蔓延っていて、攻めることがナンセンスすぎるから。
前回の記事にも書いたけど、今のプレイヤーは攻め方を知らなさすぎだと思う。
ひたすらに引いて、それでもAP負けして、相手が自分の有利なフィールドに陣取ったとしても、
彼らはそれを遠巻きに眺め、あたりもしないライフルを垂れ流し、
壁に阻まれるミサイルを垂れ流し、そして近づいてロックオンしようとすらしない。
そんなことで勝てるはずもないのに、彼らはそれを理解できない、しようとしない。
撃破負けさえしなければいいと、そんな消極的な考えなんだろうと思うけど、
そんなことだといつまで経っても腕が上がるわけがない。
攻めることを覚えて、そこから状況に応じて引いたりすることを覚えるべきなのに。

まあ結局は俺の独りよがりの愚痴なわけだけど、それでもやっぱりそうであって欲しいと思う。
戦う事の楽しさがあるからこそ、いつまでも続けていけるゲームだと思うし、
技術を身につければ取れる戦術も増えて、色々なことが出来て、さらに楽しみが増すから。
そういう楽しみを知ればこのゲームに対する視野も広くなって色々見えてくるだろうから。
[ 2009/09/12 21:43 ] AC | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darateki.blog43.fc2.com/tb.php/333-55f83f11


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。