スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンクス活動記録 70 

ちょっと前に記事を書いたのにまた書くというのも妙な感じだけど、
それこそ話題に上るゲームが変わるわけでもないというのに、
書こうと思ったのはとある友人から尋ねられた言葉に答えてみようと思うからだ。


さて、今回尋ねられたのは「何故ミサイルを使おうとしないのか?」について。
まあフレームをアリーヤで固定してる時点で既に色々と問題はあるのだけれど、
それはさておき、俺がミサイルを装備しない理由については、
至極単純な話、その汎用性の高さにあるわけで、要は使い易すぎるのが難点なのだ。
ロックオンして撃ってしまえば相手を追尾し続けるこの武器は、
その種類によって性質は異なりはするものの、あらゆる距離で使っていける武器である。
一般的な射撃武器と違って、非常に高い命中率を誇るのだ。
何故ならば距離を詰める必要もなく、腕部や武器における射撃精度の影響を受けることもなく、
誘導性が切れるか一定の距離を追尾し続けるか、それによってのみ外れるのだ。
まあ撃ち方によって回避の難易度が変動するが、相手は回避により行動を制限される。
外れたからといって悪いわけでもないのも特徴で、
連続発射型は拘束時間が長くなるために相手の行動を強く制限できる。
それによって本命の攻撃を当てやすくしたり、ENの消費を大きく促し拘束する意味合いを持つ。
またその豊富な弾数は削る目的としても十分作用する。
単発型でも上手い撃ち方をするだけでかなりの命中率を誇る。
ラグの影響も少なく、そういう意味では他の武器と違って命中率の高さが際立っている。
あまりに手軽に使える武器でありながら、その有用性が極端に高い武器。
それがミサイルであり、その有用性が俺にとって忌み嫌うものなのだ。

まあ普通に考えても、アリーヤフレーム自体が既にかなりの負荷を負うことになるのだが、
それに加えて武器の中では高負荷の部類であるミサイルを積むのは厳しい面がある。
積載もそれほど余裕があるわけではないのでそのあたりも考慮に入れる必要がある。
そういう観点から、アリーヤにミサイルを積むのはなかなか厳しいのが現実だ。
それがなくても上記の通り、俺は使うつもりなんてないのだけれど。
とはいえ、ミサイルを全く使わないわけじゃない。
それこそ気分転換で使う程度でしかないが、軽2に積む事は多々ある。
アリーヤのようにグレネードを積もうにも、重量面においてデメリットが大きいからだ。
時間帯当たりのダメージ効率として、瞬間火力というのはやはり必要不可欠であるがため、
BIGSIOUXを積む軽2が多いのはそういう理由だろう。

とりあえず、ミサイルというのは使い手の技術による部分があまりないのが現実だ。
確かに上手い撃ち方というものはあるが、他の武器に比べれば簡単なほうだと思う。
他の射撃武器と比較してデメリットが少ないという現実がある。
まあ自爆というデメリットがあるが、当てる際に引きまくる相手に付き合う必要もなく、
常に捕捉し続ける必要もないという点で、メリットが勝ると判断する。
俺はそんな武器が好きじゃない、それこそただの自己満足にしか過ぎないのだが。
単純な話、俺は扱いが難しい物を使いこなす事が面白いのだ。
ひデブの空手のように、ブレイブルーのハクメンのように、フォースのアファJcのように。
いわゆる玄人志向なのだが、そういうこだわりを捨ててまで勝とうという気にならない。
捨てたところでそこに面白味を見出せないし、勝ったところでつまらないのだ。
かつて、レギュ1.2の頃は確かにミサイルを使ってランカー入りした事もある。
だがそれで気づいたことも確かで、ミサイルの有用性はゲームの面白味を損なうと感じたのだ。
だから俺はそういうアセンを作らない、使用しない。
手軽に勝てても、それを自分の実力とは思えない、だから苦労して勝つ。
自分を苛める事に快楽を見出すM気質というわけではないが、
れっきとした実力で、苦労して勝つからこそ、そこに面白味があるし勝利の価値があるのだと思う。
そういう意味においては、今のアセンは願ったりかなったりなアセンではあるし、
何より使っていて楽しくて仕方がない。

ミサイルの使用を否定するわけではないが、そういう考えもあるということでひとつ。
つまるところ、今回の話は楽して勝つよりも苦労して勝つほうが面白味があって価値があるという、
極めて醜悪で愚鈍なエゴによる自己陶酔でしかないということだ。
[ 2009/09/13 03:27 ] AC | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darateki.blog43.fc2.com/tb.php/334-ba23268e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。