スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なんとなく気が向いたので 

久々にボカロ関連の動画でも見ようかと追いかけてる人のマイリス見たら、
ハチさんとタスク・うつしたさん(現在は南方研究所と名乗ってるそうです)の作品、
「WORLD'S END UMBRELLA」のリアレンジ動画がありまして。
「結ンデ開イテ羅刹ト骸」で一躍有名になったんで知ってる人も多いとは思うんですが、
やっぱ曲の作る世界観がいいなぁ、と。まあ歌詞の解釈とか出来ないんでフィーリングだけですがw
原曲の文字で絵を描くようなPVもすごく好きだったんですが、
今回はアニメのPVも付いていて、それがまた曲とのすごい相乗効果を生んでまして。
扉を開けたあのシーンでわけもなく潤んでしまい・・・・どうにも俺はこういうのに弱い(-w-;

音楽でも絵でも、他のものでもいいんですが、何かを感じさせられるってのはすごいと思うんですよ。
それは、その作品の持つメッセージ性がそれだけ強いということに他ならないわけで。
綺麗だから、派手だから、かっこいいから、そういうのは目に留まりやすくはありますが、
その見た瞬間だけの一時的なものが多いと思います。
されど、綺麗でも派手でもかっこいいわけでもなくても、心を強く打つものは心に記憶に残り続けます。

下手な横好き程度で絵を描いてる俺ではあるけれど、
いずれはそんな何かを強く感じさせるような絵も描きたい。
芸術ってのは自分の持つ伝えたいメッセージを具現化させたものですからね。
まあ堅っ苦しい絵を描きたいとかそういうんじゃないんですが、
なんかいいな、って感じてもらえればそれで十分、ってね。
[ 2010/02/07 12:38 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darateki.blog43.fc2.com/tb.php/419-f37acddb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。