スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

木星継承戦争記 15 

まさに誰得な内容でしかない第2回フォース講座後編。
前編が回避だったので今度は攻撃になりまする。
基礎的な話なのでたいした内容ではありませんので注意。



自分が使っている機体、それぞれ色々あると思いますが、
その機体の事をどれだけ理解できていますか?
前編で回避のことを話しましたが、機体の機動性を理解しておけば、
回避が無理な状況を作らないようにすることが出来ます。
攻撃においても同じで、各種攻撃の射程、誘導性、武器ゲージ関連、硬直等、
これらをしっかり理解しておくことで、相手にダメージを与えやすくなります。
まずは各種攻撃がいったいどういうものなのかをしっかり理解しましょう。

理解が出来たら次はどういう状況で撃つべきなのかを見極めましょう。
誘導性が高くて射程も長いのなら遠距離の援護に使えますし、
その逆で射程が短くて誘導性が低くても近距離なら当たるわけです。
どういった状況で撃っていくべきかは実際に使い込んで覚えていくのがいいでしょう。
ただ、回避されてしまった場合のリスクも考えて攻撃しましょう。
必ずしも当たるというわけではないからです。
攻撃に関しては実際に対戦で使い込まないと、
何が有効で何がそうでないかがわかりにくい部分が多々あります。
なので自分が使っている機体を使い込んであげましょう。
使い込めば愛着もわいてきますし、モチベーションの維持にもいいですし。

ざっと簡単に説明しましたが、後編はこんなところで。
踏み込んだ解説をするのもいいのですが、まずは基礎的な部分からということでひとつ。
まあ俺が説明下手でどう伝えればいいのかわからないとか、
上級者ほど踏み込んだ内容の知識がなかったりする部分もあったりもしますが(-w-;
[ 2011/06/21 02:09 ] バーチャロン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darateki.blog43.fc2.com/tb.php/662-634002da


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。