スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひデブ部活日誌 13 

常に空手を使い続けてきたわけですが、
そろそろ自分の限界が見えてきたというか。
もっと柔軟に使いこなしたいけれど、俺にはそれが難しいようだ。
まずはどう動き、どう攻めるかをきっちり決めていかなくては。
型にはめてパターン化して、そっから応用を作ろう。


N射が届く距離、これが空手の戦う場での最遠距離。
これ以上近づくと、相手の反撃も食らいやすくなる。
この距離では各種硬直にN射が基本だろう。
また、これ以外には攻撃手段は皆無でありFCSは自殺行為。
これ以内の距離はN射の各種硬直取り以外には、
空対地、空対空、地対空、地対地で攻撃手段を変える。


・空対地

まず下にもぐられないようにすること。
空手は下に対する攻撃手段がない。
AD格で何とかできることもあるが、信頼性は低いので除外。
相手の攻撃が確定しそうな時に一か八かで使う程度か。
もぐられなかった場合、近ければ空格かN射、
遠ければN射か着地ずらしで回避、様子見する。


・空対空

相手の着地にN射か空格をあわせる。
この時、着地前の射撃と着地後の射撃を読む。
安全に行くならN射がいいだろう。
相手が空格で攻撃してきた場合は回避可能なら回避、
無理ならば自分からAD格で突っ込む。
後出し空格では勝てないことが多く、また射撃は間に合わない。
CSなら何とかなるかもしれないが、その時に溜めているかどうか。
溜めた場合、相手が空格を出せばいいが、
着地された場合はN射が撃てず反撃されやすいので、
その場は逃げて解除か着ガーがいいだろうか。
空格で先手を取る方法もあるがこの時はできる限りCSかFCSを仕込む。
空格が当たれば追撃できるからだ。
仕込んでいなかった場合、距離が近ければ昇竜が狙えることもある。
狙えそうでなければ倒れたところに追撃をする。


・地対空

この場合は相手の低空射撃を回避する形でステ格→CS→N射。
おそらくこれが一番安定すると思われる。
この時自分のスタミナに注意。
相手の着地前に切れていては回避もままならない。


・地対地

この場合は自分から攻めるのもカウンターをするのもリスクが出る。
自分から攻める場合は出が早く横に広い横格かステ格。
横格の場合はD格かN射で追撃、ステ格の場合はCS~での追撃がいいだろう。
踏み込みが長いのでN格もいいだろうか、当たればN格コンボへ。
カウンターの場合はD格、前格、ステ格だろうか。
回避しつつ攻撃できるのが強み。
どの攻撃にもCSは必ず仕込む。
なお、自信がないなら逃げるのもいいだろう。


どの攻撃にもいえるが、FCSによるダメージ勝ちの相打ちも場合によっては有効。

基本はこんなところだろうか。キャラ対策は後回し。
まずはこれを手が覚えるまでは徹底する。
足りないと思った部分は後に追記し、パターン化に組み込み徹底する。

さて、まずは手癖付けから始めようか。
[ 2007/01/09 23:39 ] ひデブ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darateki.blog43.fc2.com/tb.php/84-1382097b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。